男性型脱毛症の治療

男性型脱毛症の治療と改善方法の知識集
  • HOME >
  • AGA(男性型脱毛症)の治療方法にはい

AGA(男性型脱毛症)の治療方法にはいろ

AGA(男性型脱毛症)の治療方法にはいろいろな方法があります。

まず、飲んで効果を出すプロペシアという薬は男性型脱毛症の治療にとても有効で、高い効果があげられます。

それに、効果が認められている外用薬としては、フロジン、ミノキシジルがよく治療に処方されています。

他の方法では、有効成分のメソセラピーを注射器で直接、頭皮に注入するという外科的な手法もあります。

それだけでなく、HARG療法や自毛植毛など、予算に応じて選べます。

抜け毛の多さは、遺伝するという話を聞きました。

私の親の抜け毛が多くて毛髪の量が少ない場合は遺伝してしまう危険性が起こり得ることとして心配されます。

可能な限り抜け毛を少量にするためにはしっかりとヘアケアをすることが大事です。

話題の育毛剤BUBKAがどう効くかというと、海藻エキスが入った育毛成分が32種類含有しているということでしょう。

また、テクノロジーを駆使した水を使っているので、エキスの有効成分が頭皮に染み込みやすくなっています。

それに、抜け毛防止効果が期待できるオウゴンエキス、グリシンやアルギニン等々のアミノ酸成分に関してもたっぷりと使用しているのです。

今、私は30歳なのですが、抜け毛が気になり始めてきたのは二十代に入った頃でした。

CMで見かけた育毛剤を使用してみましたが、全く抜け毛が止まらなくて、悩んでおりました。

次第に、明らかにハゲだとバレるくらいになり、その頭を見かねた友人の勧めでにより、シャンプーとトリートメントを変えてみたら、産毛が生えてくるまでになりました。

若い頃は富士額で綺麗な額の形を自分でも気に入っていました。

それが30歳を過ぎた頃、毛をかき上げたときの富士山のかたちが変わり始めました。

薄くなり始めてからはそれこそ山から転げ落ちるスピードで、ご自慢の富士額はカナシイM字はげへと変貌してしまいました。

原因はやっぱり遺伝だと思っています。

親父はふさふさなものの、母方の祖父が僕と同じ30代でそっくりなおでこをしていました。

髪の毛が薄くなる原因は様々です。

その人その人によって原因は同じではないので、自分で薄毛となる原因を確定させるのは無理です。

ただ、頭皮が荒れているといった症状によって、原因がわかるなら、皮膚科で治療を受けると薄毛の状態を改善できるでしょう。

すぐにわからないと諦めずに、がんばって原因をみつけることが重要です。

薄毛の悩みがあるのは女性だけではありません。

当然、男の人も辛いものです。

髪の毛の有無を女性が話題にすると女性と同じように、男性だって暗い気持ちになります。

薄毛は困るから治そうと育毛剤を使用するのが一般的に行われる対策方法です。

育毛剤と併用し、洗髪に育毛シャンプーを使う人も多数います。

併用することにより、より効果が期待できるでしょう。

育毛にいいとされる食品はネット上やテレビ番組で頻繁に取り上げられていますが、結局は、多くの種類の食べ物を摂るようにして、ほどよい運動をして睡眠をきっちりとるのが最善の方法のようです。

ただし、脂肪を多くとるのは配慮して避けるのが望ましいです。

関連記事はコチラ

メニュー